マッケンジー法とは

マッケンジー法について

マッケンジー法(The McKenzie Method of Mechanical Diagnosis and Therapy)は1950年代からニュージーランドの理学療法士、ロビン・マッケンジー氏が考案し発展させてきた筋骨格系の問題に対する診療方法であり、腰痛、頚部痛、関節痛、しびれ、頭痛などが治療対象とされています。
近年、欧米を中心に急速に普及してきている診療方法です。

マッケンジー法の特徴

評価(問診・理学検査)に十分な時間をかける

セラピストの診察、施術の後、それぞれの患者様の状態にあった運動のやり方や回数を決めていくことから始まります。すなわち、画一的な運動の指導ではなく、各人にあった最適な運動をセラピストと一緒に作り上げていきます。

患者主体であること

まず運動療法(セルフエクササイズ)を、実際にご家庭や職場でやっていただき、症状の変化をみながらさらに運動療法を改良していきます。したがって、家庭や職場でのセルフエクササイズをしっかりとやっていただくことが、マッケンジー法での効果を引き出す大前提となります。

再発を予防する

エクササイズの効果が確認されれば、そのあとは定期的な通院の必要はなく、痛みの再発防止のためにエクササイズを継続して行うことで自分自身でのセルフケアを行っていただきます。
自分の症状に合わせたエクササイズを重点的に行うため、再発防止につながります。

マッケンジー法を受けるには

マッケンジー法はすべての症状に適応とは限りません。当院の脳神経外科または整形外科を受診し、適応と診断されてからの開始となります。よって、一度診察を受けていただく必要があります。当院には国際マッケンジー協会認定資格(Credentialed MDT)を所有する認定セラピストが勤務しておりますので、マッケンジー法をご希望の場合は、その旨をお知らせください。

国際マッケンジー協会認定セラピスト

伊藤 健志(いとう たけし)

麻生 義行(あそう よしゆき)

池田 純平(いけだ じゅんぺい)

診療のご案内

リハビリテーションに関するお問い合わせはお電話にて承ります。

受付時間 : 月曜~金曜日 午前8時30分~午後12時/午後2時〜午後5時30分・土曜日 午前8時30分〜午後12時

〒241-0014 神奈川県横浜市旭区市沢町574-1

当院へのアクセス 無料送迎サービス

Copyright (C) 2016 Medical Corporation Shinryoku-kai. All Rights Reserved.

GoTop