医療法人社団 東京石心会 新緑脳神経外科

当医院について:ごあいさつ

交通案内お問い合わせサイトマップ文字サイズ変更

トップページ > 当医院について > ごあいさつ
当医院について ごあいさつ
先端医療と地域密着型医療の両立をめざして
昭和63年、浜松医科大学を卒業以来、脳神経外科医として脳腫瘍、脳卒中、頭部外傷などの診療に従事し、また、脳腫瘍の研究者として名古屋大学、ハーバード医科大学などで研究をかさね、平成24年6月1日より当院に赴任してまいりました。
私どもが提供するのは、この地域に密着した医療、そして病める方々を中心とした医療です。チーム医療、連携医療を通して、この地域の医療・福祉の向上の一端を担うことは私どもの責務と考えています。同時に、サイバーナイフセンターとして医学的根拠に基づく高度の医療を実践し、世界の最先端であり続けることは私どもの使命です。
最高レベルの知識・技術はもちろん、近年、医療機関には高いレベルのホスピタリティーが求められています。私どもは、ご利用いただく方にご満足いただける施設であるようにみんなで努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。
日本脳神経外科学会専門医
医学博士
院長 太田 誠志
院長 太田 誠志
副院長 帯刀 光史 平成4年北海道立札幌医科大学を卒業、平成8年同大学院にて脳腫瘍の研究で博士号を取得しました。その後大学の関連施設で脳神経外科臨床に携わってきましたが、脳腫瘍の患者さんを診療する度に外科手術の限界を感じ放射線治療に興味を持つようになりました。平成19年4月当院にサイバーナイフ担当として赴任しました。
当院のサイバーナイフセンターは創設以来総治療件数が5,000件(平成25年10月現在)を超え、全国から患者さんが集まる日本でも有数の定位放射線治療施設になりました。現在は放射線科の医師も常勤しており中枢神経(脳・脊髄)以外の病気の治療にも対応しております。
また当院は一般外来、脳ドックを通じて、生活習慣病、脳卒中の予防および治療、リハビリテーションなどの地域医療にも力をいれております。当院で治療が難しい方、入院・手術が必要な方は連携している病院へ速やかにご紹介いたします。
今後も地元は元よりより広い地域の方に貢献することができれば幸いです。
日本脳神経外科学会専門医
がん治療認定医
医学博士
副院長 帯刀 光史
当医院について
ごあいさつ運営方針医院概要院内・施設のご案内メディア掲載事例論文・学会活動
当医院について
ごあいさつ
運営方針
医院概要
院内・施設のご案内
メディア掲載事例
論文・学会活動
新緑脳神経外科
〒241-0014
神奈川県横浜市旭区市沢町574-1
TEL : 045-355-3600(代表)
FAX : 045-355-3601
TEL : 045-555-7333
(サイバーナイフセンター直通)
交通案内
脳ドックWeb予約 サイバーナイフについて 無料送迎サービス 脳ドック 肺ドック 禁煙外来
このページのトップへ